スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2ndG】G級大連続巡り 第8回

今回のG級大連続巡りはG★3「炎と電気と熱線と」です。
使用武器は狩猟笛。

リオレイア亜種フルフル亜種グラビモスが出てくるこのクエですが、フルフルやグラビを笛で戦ったことはありません。

今回も激しくグダグダな予感を感じた方は正解です。

動画が長くなり過ぎて移動シーンをすべてカットしたくらいですから。
それでも40分ですよ。
ホント、見てくださる方に申し訳ない…。


今回の武器は水属性のギザザミハルス。
水属性はレイア亜種にはそこそこ効き、フルフル亜種、グラビの弱点ですので。

防具はこんな感じ↓。

■男/剣士■  --- 頑シミュ ver.1.7 ---
防御力 [446→556]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:ミヅハ真【烏帽子】 [2]
胴装備:フルフルZメイル [2]
腕装備:リオソウルZアーム [3]
腰装備:フルフルZフォールド [3]
足装備:レックスXグリーヴ [3]
装飾品:匠珠×2、名匠珠×2、鼓笛珠×5
耐性値:火[7] 水[-2] 雷[8] 氷[7] 龍[-6] 計[14]

斬れ味レベル+1
高級耳栓
笛吹き名人
---------------------------------------------------

所謂、赤魔道士装備ですね。
狩猟笛の不思議なイメージにぴったりかと。


レイア亜種は笛での戦闘経験があるので楽でした。

基本的にはブレス時やサマーソルト後の着地時に叩きつけをしていくだけ。
スタンしたら頭にぶん回しって感じです。

2回のスタンをとって討伐完了。


2番目のフルフル亜種

一般的には鈍器でフルフルは向かないと言われてますね。
実際、当てても当たってる感触がしないです。

笛での対フルフル戦は経験がないので、自分的に特に書くことはないんですが、今回は適当に足に叩きつけ、首が狙えそうなときはぶん回し、放電時は衝撃波を含めたリーチの長さを生かして叩きつけを使いました。

頭はあまり狙えてないので、スタンは1度もとれず。


最後はグラビ

コイツが一番厄介でした。
このクエの半分はコイツと戦っていたように思います。

鈍器だと足に攻撃が当たっても弾かれず、隙ができにくいのがいいですね。

突進の開始時にぶん回し。
突進の終わりに追い付けたら尻尾にぶん回し or 叩きつけ。
熱線時に腹にぶん回し or 叩きつけ。
ガス攻撃時に尻尾にぶん回し or 叩きつけ。
尻尾回転時は範囲外に逃げるか、腹の下で叩きつけ。

こう書くと結構攻撃チャンスがあるように思えますが、実際はそうでもないです。
突進を繰り返されると追いかけっこになってしまいますし。

特に後半はグダグダな展開ですが、あまり見たことのないグラビの転倒シーンが見れたので、動画的にはオイシかったかもしれません。


それでは動画です。
※1 再生時間は40分です。
※2 携帯からはご覧になれません。


【動画は投稿サイトのサービス終了に伴い消滅しました】


今回は攻撃があまりうまく当てられていないように思います。
これは自分が笛の攻撃の範囲をあまり覚えられていないことに原因がありそうです。
つまりは慣れですね。


それにしても「笛は面倒な武器」という印象がますます強くなってしまいました。

自分強化をの演奏効果を切らさないようにしなければならないし、切れれば機動性が下がる。
状況によっては吹きなおしもままならない。
せっかくの攻撃のチャンスも吹きなおしに当てなければならない。

次回作では演奏の時間がもっと短くなるようにしてほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターポータブル2ndG
ジャンル : ゲーム

【MHP2ndG】G級大連続巡り 第7回

かなり間が開いてしまいましたG級大連続巡りです。

第7回の今回からG★3ということで、苦戦したりグダグダだったりすることが予想されますが、生暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

という言い訳を最初にしておきます。

今回のクエストは「砂上の大決戦!」。
これにヘヴィで行ったのですが、なんとも酷い有様でありました。

このクエの登場モンスターはディア、ドド亜種、ティガなのですが、これらを相手にできる銃の選択に迷いました。
今回は夜砲【黒風】を使っていますが、この選択や運用方法には謝りがあるような気がしてならないです。

あ、因みにラオートはこのG級大連続巡りにおいては封印しています。

ディアにはLv3散弾 + Lv2通常弾、ドド亜種にはLv2通常弾、ティガにはLv1~3貫通弾というように使っていますが、これでよかったのか?

防具・スキルはこんな感じ↓。

■男/ガンナー■  --- 頑シミュ ver.1.7 ---
防御力 [246→352]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:フルフルZヘルム [2]
胴装備:ラヴァXレジスト [3]
腕装備:トヨタマ真【大袖】 [2]
腰装備:フルフルZコート [2]
足装備:イーオスSレギンス [胴系統倍加]
装飾品:飛躍珠(胴)、跳躍珠×2、ド根性珠×2
耐性値:火[14] 水[2] 雷[13] 氷[10] 龍[2] 計[41]

根性
高級耳栓
回避距離UP
---------------------------------------------------

ヘタレゆえにガンナーのときは根性を外せず、ヘヴィならば回避距離UPを外せないという…。
そうするとスキルの幅がかなり制限されるんですよね。
最近は根性はあんまり必要ないかも、とは思っているんですが。

今回は先に動画をどうぞ。
※1 再生時間は38分です。
※2 携帯からはご覧になれません。


【動画は投稿サイトのサービス終了に伴い消滅しました】


最初のディアは比較的楽です。

突進も地中からの突き上げも割と余裕で回避できました。

攻撃後の隙に尻尾に散弾をばら撒くだけ。
散弾が尽きたら通常弾で尻尾を狙撃です。

しかし13.5分も掛かってますね。
荒神ならもっと早く終わりますね。


ドド亜種は潜ったり岩投げたりとウザいですね。

頭が狙い辛いので適当に撃っていたのですが、ホントに適当すぎたかもしれません。

それでも9分とディアより短いタイムでした。


最後のティガが問題でしたね。

当たり判定を見誤って突進を食らうことが多かったですね。

一撃が痛いからか、全体的に焦っている感じが否めません。
攻撃タイミング、残弾管理等、マイナスポイントがすべて明確に出ていますね。

エンカウントから11.5分での討伐でした。


意外にも苦戦した覚えのないディアが最も時間が掛かっていました。
やはり夜砲のLv3散弾の運用はマズかったか…。



今回はダメだった点が多過ぎですね。

・不正確なエイミング
ディア戦後半のLv2通常弾切替後のエイミングは酷いモンです。
グラグラし過ぎ。
言い訳になりますが、スコープ使用時の操作感度はMHの不満点のひとつなんです。
慣れろ、言われればそれまでですが…。

・残弾管理
焦れば焦るほどやってしまうのが、カシャンていうアレ。
避けること、撃つことに集中しすぎているんですよね。

・攻撃タイミング
手数の足りなさを意識してか、無理に攻撃 → 被ダメのパターン。

・雑な回避
もう一回前転すれば攻撃範囲から出られるのに怠ったり、無駄に前転してスタミナ減らしてたり。
機動性が低く、納銃の遅いヘヴィだと、どうもここらへんが甘くなります。


上に挙げたマイナスポイントが負のスパイラルとなってグダグダになっていきますね。
どこかで冷静になって立て直さないと乙っちゃいますね。

テーマ : モンスターハンターポータブル2ndG
ジャンル : ゲーム

タフなヤツら

先週はMHP2Gもブレイブルーもほとんどできませんでした。

家に帰って、食事を済ませて、風呂に入って、しばらくまったりしていると眠くなってしまい、電源を入れることすらできませんでした。
暑さのせいもあったのかもしれません。

そして、書くことがないので、更新が遅くなる、と。

こんなことじゃいけない、ということで、とりあえず昨日の出来事でも書いてみます。



昨日(7/25)、前日からの夜勤を終えた後、仕事仲間2人と共にカラオケへ。

午前9時開始。
午後15時終了。
開始から終了まで音楽が止む間はまったくなし。
常に誰かが歌っているという…。

そしてその後、同じ場所にあるボーリング場で3ゲームほど。

どこにそんな力を残していたのか?
自分でも不思議です。
まぁ、さすがにボーリングはグダグダでしたが…。
あれ? それはいつもか。

ちょっと喉の調子がアヤシいし、右腕が痛い気がしますが、キニシナイ。


帰宅後、2時間ほど寝て、ブレイブルーのオンライン対戦。
相手は朝から一緒にカラオケに行っていたうちのひとり。
キミもタフだねぇ。

初の対人戦、そして相手はアーケードでそこそこ戦っているということで、負けて当然、胸を借りるつもりで挑戦。

15戦くらいして4勝でした。
今回は接待対戦だったのでしょうか?
2~3割の勝率は出来すぎかと。

でも対人戦をやると、このゲームのおもしろさがまたわかってきたような気がしますね。
っつーか、格ゲーなのに今さら何を言ってるんだ、と。


というワケで、昨日は楽しく過ごしたのでした。





ところで前回書いた、Blogの名称変更検討中の件。

新しい名称のヒントは昨日カラオケで歌った歌の歌詞にあった!
ということで、近日変更する予定です。

これが…蒼の力だ…!

今回は「G級大連続巡り」はお休みして他の話でも。



ここ数日はMHP2Gは勿論なんですが、同僚に勧められた「ブレイブルー コンティニュアムシフト」も遊んでいます。


格闘ゲームってかなり久しぶりですね。
前に遊んだのがどのくらい前だかわからないくらいです。
しかも遊んだと言っても、借りてちょっとやったくらいだし。
ストゼロ2だったかな?

それにしても、自分の格ゲーセンスの無さにガッカリしてます…。
コンボ繋がらない、っつーか覚えられない。
相手のコンボに割り込めない。


しかし、ストーリーがなかなかおもしろいです。
厨二病な要素が少なからずあり、また、難解なところもあるのですが、そういうのは嫌いじゃない、というより好きですね。
格ゲーってこんなに深いストーリー、あったっけ?って感じです。
前作はやってないので、わからないところもあるのですが、それでもおもしろいです。

キャラも個性的というか、癖のあるヤツばかり。
まぁ、中にはお約束というか、空気みたいな扱いのヤツもいるんですが。
主人公のラグナ、その弟でありながらラグナを追うジン、ラグナが追う黒幕のハザマ。
この3人はいい感じ。


残念な点もないワケじゃないです。

ひとつはオープニングやムービーのアニメーションが非常に雑な出来であること。
ストーリーは悪くないのに、汚いアニメのせいで損をしていると言わざるを得ないです。
アーケード版のオープニングも見ることができるのですが、そちらがあるので、正直、家庭版用にオープニングを作る必要はまったくなかったように思います。
と言うか、作らないほうがよかったのでは?
テーマ曲もダサいし…。

ふたつめはストーリーモードのギャグシナリオが面白くない点。
ストーリーモードはキャラ毎に用意されたストーリーを選択肢を選びながらサウンドノベルのように進めていき、合間に戦闘がある感じです。
その選択肢によって、バッドエンディングになったり、ギャグシナリオに分岐したりするのですが、そのギャグシナリオのほとんどがつまらないのです。


全然やりこんでないし、対人戦もまったくやっていないので、まだまだ楽しめそうです。





さて、話は変わるのですが、このBlogの名称を変えようかと思っています。

前から思っていたのですが、どうもダサいような…。

まぁ、シンプルなのもいいんですが、シンプルすぎやしないかと。
文章や内容で個性を出すのは勿論なんですが、名称も個性があってもいいんじゃなかろうか、と。

とは言うものの、どういうのにしようか考え中です。

どういうのになるんですかねぇ?

【MHP2ndG】G級大連続巡り 第6回

G級大連続巡りは今回で6回。
折り返し地点ってところですね。

第6回の今回はG★2「狩人のための饗宴」を双剣で挑戦です。

正直なところ、双剣はホントに苦手です。
使用回数は近接武器の中では多い方ですが、実戦で使ったのはナズチとクィーンランゴスタばかりという…。
今回のクエストに出てくるダイミョウザザミ、ドドブランゴ、ショウグンギザミのどれも、訓練所以外では双剣で戦ったことがありません。

ホントに大丈夫なのかね?


今回の装備はこちら。

武器は機神双鋸。

■男/剣士■  --- 頑シミュ ver.1.7 ---
防御力 [427→555]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:クロオビXヘルム [3]
胴装備:ナルガXメイル [2]
腕装備:金色ノ篭手・真 [2]
腰装備:ナルガXフォールド [2]
足装備:オウビートXガンバ [3]
装飾品:研磨珠×5、匠珠×2、名匠珠、光避珠
耐性値:火[-1] 水[4] 雷[0] 氷[-1] 龍[6] 計[8]

斬れ味レベル+1
砥石使用高速化
回避性能+2
---------------------------------------------------


最初はザザミから。

足を斬って、転んだら乱舞で追い討ちという戦い方が基本になってくるんでしょうか。

ボタンを連打しちゃって、後ろ向きの突進を食らってしまいました。
また、欲張って乱舞をして、ダメージをもらうところもありました。

そんな感じで5分ちょっとで終了。


次にドドブランゴ

闘技場のクエなので、子分を呼ばれないのがありがたいです。

雪玉投げやブレス、振り向き時などに攻撃を入れていきます。
乱舞を叩き込むチャンスはあまりないですね。

それにしてもイチイチ動きがウザいです。
横に跳んだり、後ろに跳んだり。

一撃が痛い相手なので、それほど攻撃を食らっていないと思っていたのに、結構体力が減ってたり。

結局、11分も掛かってしまいました。


最後にギザミ

基本的にはザザミと同じ戦い方ですが、ウザさが段違いです。

ザザミの場合は地中に潜ったら、壁際に寄っていれば突き上げは食らわないのですが、ギザミはこれが通用しません。
おまけにリーチの長さがここでも効いてきます。

他にも両腕を広げての突進、回転しながらの攻撃など、対処に困るものが多いのもイヤなところです。

それでも中盤から終盤にかけては、結構いい戦い方ができたのではないかと思います。
攻撃を的確なところで止めて次の位置取りへ繋げたり、鎌での攻撃をすり抜けるように回避したり。
張り付いていられる時間も長くとれました。

8分半で終了でした。


では、動画でどうぞ。
※1 再生時間は29分です。
※2 携帯からはご覧になれません。


【動画は投稿サイトのサービス終了に伴い消滅しました】


今回の反省点です。

・ 攻撃時にボタンを連打している
第4回にて片手剣で盾コンを出しまくってしまい、連打はやめようと思っていたのですが、結構やってしまっていました。
双剣では、△での連携の最後のモーションが長いので、これが出てしまうと回避が遅れてしまいます。
他の武器にも言えますが、連打は被ダメに繋がるので気をつけなければいけません。

・ 回復のタイミング
ドドブラ戦にて、回復のタイミングを誤り、攻撃を食らうシーンが何度もありました。
初心者にありがちな被ダメのパターンですが、まさかここに来てやってしまうとは…。
基本を大事にしなければ。


これでG級大連続巡りは半分が終了しました。

しかし、ここから先はすべてG★3。
さらに厳しさが増してくると思います。

しかし慣れない武器も練習のために頑張って使っていきます!

テーマ : モンスターハンターポータブル2ndG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Yu

Author:Yu
モンハンシリーズ、アーマード・コアシリーズを特に好んでプレイしています。


【モンスターハンターシリーズ】
MHP2nd→MHP2ndG→MH3(tri-)→MHP2ndG→MHP3rd→MH3(tri-)G→MH4をプレイ。

基本的にソロプレイがほとんどですが、オンラインでもたま~にプレイします。

下手でもモンハンが好きだ!


【アーマード・コアシリーズ】
初代からFF、ポータブルシリーズを除く全作をプレイ。
ACVDは現在活動凍結中。

下手でもACが好きだ!



協働のお誘い、喜んで!
リンクも喜んで!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。