スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2ndG】頭上の悪魔

対ヤマツカミ用の戦術として、重装甲ガンナーというものがあります。
今回はそれを試してみたいと思います。


重装甲ガンナーとは、シールド付きのヘヴィボウガンでガード強化、防御+20、ダメージ回復速度+2を発動させた装備のことです。

自分が用意したのはコレです。

20100502.png

この装備でヤマツカミの攻撃を正面からガードしつつ、貫通弾Lv1~3を撃っていきます。
貫通弾は足りなくなるので、調合分は忘れずに。

貫通弾Lv1~3を60発ずつ、カラの実99個 + ランポスの牙99個、カラ骨【小】30個 + ハリマグロ30個で足りるはずです。


戦闘エリアに入る前にこんがり魚等で赤ゲージの回復速度を上げておくと少しですが安全性upです。

ヘヴィのガードはオートガードですが、弾丸の発射中やリロード中はガードできません。
なので、ヤマツカミが攻撃してきそうなタイミングは操作をせず行動を待ち、攻撃後の安全なときに撃ち込みます。

ガードすると言っても、ヘヴィのガード性能は低いので、結構体力を削られます。
ゲージの半分くらいになったら回復したほうがいいと思います。

ちなみにガード強化はヤマツカミ最大の特徴である吸い込みをガードするためのもの。
ヘヴィのガード性能を補うものではありません。
(よくわからない場合はガード性能とガード強化の違いを調べてください)

吐き出す大雷光虫はそのままにしておくと、転ばされてヤマツカミの痛い一撃をもらうことになるので、吐き出されたら階下へ飛び降りエリチェンします。
これで消滅させてしまいましょう。


こんな感じで戦い、その結果、討伐時間は約20分。

普段ヤマツカミにはランスで行っていますが、だいたい20分くらい。
時間的にはほとんど変わりませんでした。

戦い方に関しては、ランスのほうが楽に感じました。
ヘヴィはリロードしたり、弾を調合したりしなければなりませんが、ランスにそれはありませんから。
ランスはガードしても体力を削られる攻撃が限られているのに対し、ヘヴィはガードしてもすべての攻撃で体力を削られますし。

それとクエスト前の準備。
前述の調合分も含めた弾丸の準備は地味に面倒。
金銭的にも負担が増えます。

PTで安全に戦いたいときには使えるかもしれません。
自分の経験では、PTでの対ヤマツカミ戦は近接武器のメンバーが多いほど攻撃できる位置が被りやすく、互いを邪魔してしまうことがあるので、ガンナーのほうが攻撃しやすいです。
ガードしながら戦うこの戦術なら味方を邪魔せず、比較的安全に戦えるのではないかと思います。
そのときは武器を夜砲ではなくウカムヘヴィにして、氷結弾(弱点属性)や通常弾Lv3(ヒレの内側に撃ち込んでの兆弾狙い)のほうがいいかもしれません。


ということで、自分的な結論としては、
・ランスのほうが戦い方も準備も楽
・PTで安全に戦いたいときは出番がありそう
というところです。

テーマ : MHP2G
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント
プロフィール

Yu

Author:Yu
モンハンシリーズ、アーマード・コアシリーズを特に好んでプレイしています。


【モンスターハンターシリーズ】
MHP2nd→MHP2ndG→MH3(tri-)→MHP2ndG→MHP3rd→MH3(tri-)G→MH4をプレイ。

基本的にソロプレイがほとんどですが、オンラインでもたま~にプレイします。

下手でもモンハンが好きだ!


【アーマード・コアシリーズ】
初代からFF、ポータブルシリーズを除く全作をプレイ。
ACVDは現在活動凍結中。

下手でもACが好きだ!



協働のお誘い、喜んで!
リンクも喜んで!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。