スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHP2ndG】「観察⇒対策」の重要性

ここ最近、ナルガへ行くときは、ヘヴィの老山龍砲・極かライトの銘火竜弩ばかりを使っていた。
個人的には近接よりはガンナーのほうが楽に感じる。
今まで、訓練所を含め、近接のときはかなりゴリ押しだった自覚がある。

さらに、回避性能があれば難易度は低くなる相手でもある。

よって、今回は、近接武器、かつ回避性能の付いていない装備でナルガを倒す練習をする。

今回の使用武器は太刀。
あえてガード不能武器。

尻尾の薙ぎ払いは、回避のタイミングがわかっているので、ほとんど食らわない。

苦労したのは、「横にジャンプ⇒飛び掛り」の動き。
相手が画面から消えてから襲ってくるので、うまく避けられない。
「攻撃判定が短いからタイミングを覚えれば」と考えたが、なかなかうまくいかず。

そこで閃いた方法。

ナルガが横にジャンプしたら、反対へ移動。

自分から見て右にジャンプしたら自分は左へ、左にジャンプしたら自分は右へ、というように。

観察してみたら、横へジャンプした後は、1回しか飛び掛ってこないようだ。
ということは、この1回を距離を離してやり過ごせば、追撃はない。

実際に試してみると、ナルガは自分の前に着地して届かない。
何回かやってみたが、結果はすべて同じ。

この方法は有効なようだ。

結果としては、尻尾の叩き付けの回避をミスって、1回力尽きたが、それ以外は順調だった。

相手をよく観察することの大切さを再認識できたように思う。

テーマ : MHP2G
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント
プロフィール

Yu

Author:Yu
モンハンシリーズ、アーマード・コアシリーズを特に好んでプレイしています。


【モンスターハンターシリーズ】
MHP2nd→MHP2ndG→MH3(tri-)→MHP2ndG→MHP3rd→MH3(tri-)G→MH4をプレイ。

基本的にソロプレイがほとんどですが、オンラインでもたま~にプレイします。

下手でもモンハンが好きだ!


【アーマード・コアシリーズ】
初代からFF、ポータブルシリーズを除く全作をプレイ。
ACVDは現在活動凍結中。

下手でもACが好きだ!



協働のお誘い、喜んで!
リンクも喜んで!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。